千本釈迦堂 〔センボンシャカドウ〕

千本釈迦堂
住所:京都市上京区今出川七本松上ル
周辺地図を表示

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 千本釈迦堂の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

正しくは「大報恩寺」といい、鎌倉時代初期に釈迦念仏道場として開かれ、国宝の本堂は安貞元年(1227)の創建で京都最古の木造建造物です。仏像の宝庫と呼ばれ、霊宝殿には鎌倉時代、藤原時代の仏像をはじめ多数の寺宝を展示しています。
また12月7、8日には大根焚きが行われ、厄除け大根が参拝者に振る舞われます。


千本釈迦堂を建てる時のこと、大工の棟梁が誤って柱を短く切ってしまい困り果てていると、妻のおかめが「短い1本に合わせて、他の全部の柱を切れば」と助言をしました。その後、おかめは夫の失敗を人に知られてはと思い、本堂の完成を待たずに自殺してしまいました。人々は女心のいじらしさを憐れみ、おかめの供養塔を本堂の前に立てました。今でも家の棟上げにはおかめの面をかざる習慣があり、おかめ塚は全国の大工さんの信仰を集めています。2月のおかめ節分は有名です。


(取材日:1995年)


の見所

おかめ塚

建築の守神で家庭円満にも霊験があると伝えられています。


(取材日:1995年)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました