源光庵 〔ゲンコウアン〕

源光庵
住所:京都市北区鷹峯北鷹峯町47
周辺地図を表示
桜・紅葉チャート
紅葉 ・・・iconiconicon
※このCHARTは、取材者の主観に基づくものです。

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 源光庵の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

源光庵は、貞和2年(1346)臨済宗大本山大徳寺の高僧、徹翁(てつおう)国師により隠居所として開創されたものですが、後の元禄7年(1694)曹洞宗復古道人の卍山(まんざん)道白禅師が曹洞宗に改宗し、再興されたものです。現在の本堂は元禄7年の創建で、加賀の住人静家居士の建立によるものです。


本堂右手には「悟りの窓」という丸い窓と、「迷いの窓」という四角い窓があり、2つの窓越しに庭園を望むことができます。また本堂廊下の天井は伏見城の遺構と伝わる血天井で、徳川方の鳥居元忠らが自刃した時のものです。
本堂裏の西の谷にある「稚児井」という井戸には630余年前より伝説があって、水飢饉で困っていた時、1人の子供が現われ、この井戸のことを教えて人々を救ったとのことです。


(取材日:1995年)


の見所

丸窓と四角い窓

樹木や刈込が美しい庭園をバックに記念写真です。


(取材日:1995年)


の見所

悟りの窓

「禅・円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しています。


(取材日:1995年)


の見所

迷いの窓

人間の生涯を象徴し、「生老病死・四苦八苦」を表しています。


(取材日:1995年)


の見所

庭園

よく手入れされた庭が紅葉に染まっていました。


(取材日:1995年)


の見所

血天井

足を引きずったような痕跡も見られるとか…。


(取材日:1995年)


の見所

山水墨画八面

江戸時代中期の山口雪渓筆の襖絵です。


(取材日:1995年)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました