勧修寺 〔カジュウジ/カンシュウジ〕

勧修寺
住所:京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
周辺地図を表示
桜・紅葉チャート
紅葉 ・・・icon
※このCHARTは、取材者の主観に基づくものです。

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 勧修寺の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

昌泰3年(900)、醍醐天皇は生母の菩提を弔うため、生母の里であった寺を御願寺と定め、外祖父・藤原高藤の諡号をとって、勧修寺と号されました。天皇家、藤原家の帰依のもと、法親王が相次いで入寺し門跡寺院として繁栄しましたが、まもなく衰え、徳川時代、寺領寄進などにより再興されました。
寝殿作り風の宸殿や、江戸初期書院作りの典型とされる書院(重要文化財)は元禄10年(1697)に明正天皇の旧殿を外賜されたもので、書院には土佐光起作とされる襖絵があります。


見所は「勧修寺氷池園」と呼ばれる池のある庭園でしょう。ある書によると、この庭園を「典雅の極致」とたたえているように、この庭園はまさに平安期族の庭です。
2万平方メートルの池を中心に展開する雄大な池泉舟遊式の庭園で、池の中には大小3つの島が浮かび東山を借景に15の景勝が設けられています。
春には桜、夏には池のスイレンが咲きます。その昔、この池は実際に舟遊びに使われたそうです。また、その頃の呼び名は「来栖野氷室の池」と呼ばれ、毎年1月2日にこの池に張った氷を宮中に献上し、その氷の厚さでその年の五穀の実りを占ったともいわれています。
書院の前庭にある灯篭は水戸光圀公の寄進で、「勧修寺型灯篭」と呼ばれています。その周りには「ハイビャクシン」という樹齢750年の名木があり、これも歴史を感じながら眺めてみましょう。
勧修寺塔頭の仏光院は、有名な尼僧・大石順教さんが修行に励まれたところです。この仏光院には、彼女の書いた「忍」の色紙が残っているそうです。


(取材日:1995年)


の見所

書院前の楓林

紅葉はまだ色づきしていませんでしたが、色づく最盛期に訪れたならその趣にしばしたたずんでしまうのではないでしょうか。


(取材日:1995年)


の見所

紅葉も見られます

紅葉ではあまり名前をはせていませんが、このようにあちこちで紅葉が見られます。


(取材日:1995年)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました